来店者数100万人達成!

2018.03.13

 砺波市宮沢町のJAとなみ野農産物直売所「道の駅砺波 となみ野の郷」の来店者数が3月4日、平成23年4月のオープン以来100万人を超え、JAや市の関係者らが達成の喜びを分かち合いました。

 記念式では、節目となる来店者とその前後計5人に記念品を贈呈。100万人目となった高岡市戸出西部金屋の大居香代子さんに、同JAの土田英雄常務理事がとなみ野産コシヒカリ10㌔、同JA農産物直売所生産者協議会の篠島康夫会長が里芋やイチゴ、チューリップなどを手渡しました。前後の来店者4人にもコシヒカリ5㌔などの記念品を贈りました。

 同店は、米をはじめ地元農家が栽培した野菜、農産加工品など豊富な品を揃え、安心、安全な農産物が買い求められると好評。売上額も年々増加し、平成29年度は約1億4250万円を見込んでいます。また、3月17日から21日までの5日間、100万人来店記念セール、4月14、15日は7周年セールを行い、日頃の愛顧に感謝を込めてコシヒカリなどを特売します。