旬の山菜味わって!26日より定食販売

2018.04.25

 砺波市五谷の夢の平コスモス荘は4月26日から、栴檀山地区で採れた山菜をふんだんに使った定食の提供をレストランで開始します。隣接する「となみ夢の平スキー場」のゲレンデで見ごろを迎えるスイセンを眺めながら味わうことができます。
 斉藤康一支配人や地元住民らが収穫したタラの芽やフキノトウ、コゴミなど、約20種類から厳選された山菜をメニューに使用。山菜のほか、米や味噌も地元産にこだわりました。価格は1800円(税込み)で1日20食限定。大型連休明けの5月7日頃まで提供する予定で、山菜が採れなくなり次第終了となります。
 23日には、関係者にメニューをお披露目し、タケノコの炊き込みご飯、コシアブラとシメジの炒め物、山菜の天ぷらなど8品が並びました。
 今年は4月に暖かい日が続いたため、例年より収穫が早まった。斉藤支配人は「地元の旬の山菜を多くの人に味わってほしい」と意気込みました。
 同スキー場では29、30日の両日、せんだん山水仙そば祭りが開かれ、地元の味覚と自然を堪能することができます。
 定食は予約が必要。問い合わせはコスモス荘=0763(37)2323。