稲作情報第7号を更新しました。

2018.07.05


◆今年も斑点米カメムシ類は、多くの地点で確認され、発生量も多くなっています。斑点米被害を防ぐため、畦畔や雑草地等の草刈りを徹底してください。

◆「てんたかく」の生育は、ほぼ平年並みとなっています。防除は適期に実施しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稲作情報第7号(PDF形式 592KB)