稲作情報第11号を更新しました

2016.09.03

 

生育期間の気温が高く推移した影響により、コシヒカリの成熟期は、平年より5日程度早くなっています。刈り遅れによる胴割米の発生を防止するため、必ずほ場毎に「籾の黄化程度」を確認し、適期収穫に努めましょう。

 

>> 稲作情報第11号(PDF形式286kB)