大豆特報第4号を更新しました。

2017.07.19

開花期以降、晴天が続く場合、土壌の乾き具合に応じて、畝間かん水を行いましょう。

病害虫防除は、適期に確実に行いましょう。

 

>> 大豆情報第4号(PDF形式161KB)