JAとなみ野の基本方針

 

基本理念

私たちJAとなみ野は、農業を通じて新しい時代の住みよい社会と健やかでうるおいのある生活を、

地域の人たちとともに育み高めつづけます。

 

経営指針

組織は環境に対応できないと滅びてゆくものです。

JAとなみ野は常に変革・挑戦・創造をテーマに事業の存在意義や

位置づけを見直し、将来を見据えた事業を展開します。

JAとなみ野は、有利な立地条件を生かした農業・農村の再構築に取り組むとともに

地域社会に信頼され、かけがえのない存在となるよう努めます。

組織は目的・目標を達成するために、効果的に運営しなければなりません。
JAとなみ野は形式主義を排し、課題指向の組織運営をめざします。

JAとなみ野は、この組織で働く人たちにとって本当に魅力を感じる

自由闊達で創意工夫し、信頼しあえる職場風土を形成します。

組織の永続的な発展と組合員の負託に応える組織になるため、

適正な利益をあげ、経済力を身につけ、経営の安定をはかります。

 

行動指針

私たちは、常に思いやりの心を持ってすべての人と接します。

私たちは、多様なニーズに応えられる高度な職務能力を身につけ、

利用していただく人に満足してもらえる対応をします。

私たちは、当事者意識を持ち、あらゆる問題について建設的な発言を行うとともに、

他企業に負けない人材となるよう、自己研鑽に努めます。

私たちは、常に効率性・原価意識を持ち、業務を遂行します。

 

 

第7次中期3カ年計画

農業基本目方針

農業者の所得増大と地域農業の活性化

「となみ野型複合経営」の拡大と販売戦略に基づく生産~販売体制

の確立により農業者の所得増大を図ります。

1.地域間競争に打ち勝つ、高品質米・種子の安定生産

2.所得向上・生産拡大をめざす「となみ野型複合経営」の実践

3.市場の動向を把握し、その内容に基づいた生産~販売体制の確立

 

 

生活基本方針

顧客満足度に重点を置いた、まごころサービスの提供

総合性を発揮し、地域の生活インフラ機能をサポートし、

組合員ならびに利用者の顧客満足度を高めます。

1.利用者目線での事業展開

2.地域特性を理解し協同運動である組織理念を十分に発揮する事業活動を展開

3.健康管理活動と高齢者生きがいづくりの実践

4.食農活動を通じた豊かな社会づくりへの貢献

 

運営基本方針

自己改革による魅力ある事業展開と経営体制の強化

自己改革による業務執行体制の一層の強化により、求められる

事業を展開し、安定的な経営基盤の確立に努めます。

1.事業運営の基礎となる組織基盤の強化

2.健全経営による安定した経営基盤の確立

3.活力ある職場づくりと人材育成の強化

 

 資料ダウンロード
 第7次中期3カ年計画 PDF(1.8MB)

 

 

第7次地域農業振興計画

地域農業振興計画基本目標

協同の力で農業・地域を豊かに

農業者の所得増大と地域農業の活性化

農業を取り巻く情勢は、TPP交渉の大筋合意や平成30年産米からの行政による

生産数量調整目標の配分廃止が予定されており、米をはじめとする農畜産物

びの価格下落への懸念が重くのしかかっています。

このような状況のもと、当JAでは「農業者の所得増大と地域農業の活性化」を

農業の基本方針に掲げ、売れる高品質で良食味な「となみ野米ブランド」と

需要に即した「優良種子」、園芸作物等を組み合わせた「となみ野型複合経営」

の確立、市場の動向を把握し、その内容に基づいた「生産~販売体制」の確立

んにより、所得向上・生産拡大をめざし、指導事業に努めます。

 

 

  資料ダウンロード
 第7次地域農業振興計画 PDF(800KB)

 

一般事業主行動計画

子育てをしている職員の仕事と家庭との両立を支援するための雇用環境の整備や、子育てをしていない労働者を含めた多様な労働条件の整備を行い、その能力を十分に発揮できるようにするため次のように行動計画を策定します。

<行動計画 平成30年7月1日~平成33年6月30日までの3年間>

目標1

育児休業給付、育休中の社会保険料免除等の制度の周知や

情報提供を行う

<対策>平成30年7月以降~

産前産後休暇取得前に育児休業制度・育休明けの職場復帰にかかる

短時間勤務等を説明し、制度をよく理解した上で、安心して休業してもらう

配偶者の出産に係る特別休暇等職場内での制度内容の周知

 

目標2

休日出勤・所定外労働時間の削減を取り組み、

従業員が家族と過ごす時間を増やす

<対策>平成30年7月以降~

各職場において、所定外労働時間の原因分析等を行う

安全衛生委員会を通じ、所定外時間労働削減について通知する

計画的な有給休暇の取得(リフレッシュ休暇の取得等)を図る

女性活躍推進行動計画

この計画は、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に基づき、女性が職場生活において、自己の能力を発揮、活躍できる環境を整備するために行動計画を策定するものです。

 

1.計画期間 平成28年4月1日~平成33年3月31日までの5年間

2.女性活躍推進のための計画内容

(1)女性正職員の割合向上 40%以上

(2)女性が継続して働きやすい職場環境の構築

(3)女性管理職比率の維持・向上

3.計画を実践するための取組内容(取組実施期間)

(1)ワーク・ライフ・バランスの面で長時間労働等の縮減を図り、育児等を含めた家族との時間を十

分に確保できるよう、その職場風土づくりに向けた意識啓発に取り組みます。(平成28年4月~)

(2)人事ローテーションを通じて様々な知識と経験を習得できる体制整備に努め、年齢・能力等を考

慮した指導的地位(管理職)への登用を図ります。(平成28年4月~)

(3)各種研修会への参加促進や、資格取得等のスキルアップを支援することにより、職員の意欲・責

任感の向上に繋げます。(平成28年4月~)

(4)今後も男女の分け隔てなく、積極的に人材の確保に努めます。(平成28年4月~)

 ◇情報公表項目◇

・【平成27年度】職員採用に占める女性の割合:56.2%

・【平成27年度】女性正職員の割合:39.1%

・【平成27年度】女性管理職の比率:26.1%

 

 

女性活躍推進行動計画

となみ野農業協同組合は、健全な職場環境を形成するため、ハラスメント対応方針を策定しこれを遵守します。対応方針は添付ファイルの内容の通りです。

 ハラスメントは許しません    PDF(171KB)

 

 

 

 

データをご覧いただくためには、PDFファイルの閲覧用ソフトが必要です。

 ダウンロードはこちら