ふく福柿

 

ふく福柿画像ふく福柿は「刀根早生」(とねわせ)柿を脱渋装置にかけ、
渋を抜いた柿のことをいいます。
ふく福柿の名称は
「福が来るように。福々と楽しい気持ちになるように。」
という意味があり、生産者から消費者まで、
幸せになってもらいたいという、
生産者の思いが込められています。
あっさりとした甘みと何ともいえない食感が好評です。

 

お問い合わせ:ふく福柿生産組合
収穫時期:10月中旬〜11月下旬