里いも

 

里いも画像01同じ土壌から生まれる、2つの違う味わい。
砺波市と南砺市には、南砺市の山野地区、
焼野地区、砺波市北部といった3つの生産地があります。

 

最も規模が大きいのが、山野地区。
山野さといも組合には100名余りの会員が所属しています。
露地栽培にこだわり、有機肥料を与えながら、
じっくり育てることで、
粘り気と甘みのある里芋を生み出しています。
基本的には食用ですが、種用も作られています。
一方、焼野地区では、生産者約15名が「マルチ」という
黒いビニールシートを畑にかけて生育を早めることで、
やわらかくあっさりとした味わいの里芋を作っています。
また、砺波市北部の規模は小さく、
食用として露地栽培で作られています。

 

里いも画像02隣り合う山野地区と焼野地区。
どちらも歴史は古く、
藩政時代に加賀藩から琉球種芋が譲渡されたのが
栽培の始まりと伝えられています。
290年以上の時を経た今も人々に親しまれている「里芋」。
田楽をはじめ、コロッケやサラダなど
多彩な調理法で食されています。

 

 

収穫までの道のり

 

庄川扇状地に広がる山野地区と焼野地区は、
どちらも里芋づくりに適した水はけの良い土壌を有しており、
石川早生と大和の2品種を主力としています。
ただ、栽培方法や収穫時期には違いがあるため、それぞれの個性を味で楽しめます。

 

冬の間 秋にとれた種用の里芋の親子を土まんじゅうの中で貯蔵。
4月頃 土まんじゅうの中から出し、子芋を親芋から離し、選別して種芋として発送。
5月頃 親芋を食用として畑に植え付ける。
山野地区では、稲ワラや米ぬかなどの有機肥料を与えながら育てていく。
焼野地区では、畝を作ってから植えて、上から黒いマルチをかける。
そのマルチによって遮光されるため、草は生えないが、
1年分の肥料を入れなければいけない。
9月中・下旬頃 焼野地区で収穫。
10月中・下旬頃 山野地区で収穫。

 

山の里芋組合のWebサイトはこちら