種もみ

 

種もみ画像良質な水と土壌が育てた、粒肥大や熟色の良い種もみ。

となみ野の種子場があるのは、庄川扇状地の沖積砂壌土地帯。
夜半から朝にかけての庄川颪(おろし)がもたらす
大きな日温格差が良い種もみを育んでくれます。
また、豊富な灌漑水と排水の良い土質が、強い稲を作り、
病虫害の発生を少なくしてくれているのです。

種もみ産地としての起源については、
諸説がありますが、一番古い説は14世紀末。
本願寺5世綽如上人が、瑞泉寺を建立するかたわら、
種もみの生産を始めたという説があります。
その伝統ある種もみ生産は、今も連綿と引き継がれています。
現在は、コシヒカリを中心に、約40品種の種もみを生産中。
新品種、栽培技術・調製技術の研究と改良など
より良い種もみを作るために努力を続けています。
北は東北から南は九州まで、全国44都道府県で広く使用されています。
その生産高は、全国の流通の約6割を占めています。

 

作業打ち合わせ 審査員研修 圃場審査 画像