ご隠居と熊さんのぜ・い・き・ん・小話 ―仕送りと贈与税―

2019.07.26

御隠居と熊さんのぜ・い・き・ん・小話

 

―仕送りと贈与税―

 

 

御隠居・・どうしたんじゃ熊さん、むずかしい顔をして。何か困りごとかい。

熊さん・・そうなんでやんす。実は親戚のおばあさんから相談を受けたでやんすが、どうにも難しくて、困ってるんでやんす。

御隠居・・ほほぉー。それは大変じゃな。どれ、わしにも聞かせてくれんかの。

熊さん・・御隠居も一緒に考えてくれるでやんすか。実は、おばあさんの孫が4月から東京の大学に進学したんでやんす。それでおばあさんがあっしに大学の入学金や授業料を出してあげたいけど小分けにすると面倒だからまとめて1回で孫に渡したい。でも、4年間分というと大した金額になるんで、贈与税がかかるんじゃなかろうかって、心配になって相談したという具合でやんす。

御隠居・・ほほぉー。それで熊さんはどう答えたんじゃ。

熊さん・・はい。あっしは、まとめて一回で渡しても教育費だから贈与税はかからないんじゃないかって答えたんでさぁ。

御隠居・・なるほど、そういうことだったのかい。お孫さんに大学の学費を出してあげるなんて立派なおばあさんだねぇ。しかし、おばあさんが心配したように、まとめて1回で学費を渡してしまうと贈与税がかかるんじゃよ。

熊さん・・そうなんでやんすか。そりゃまいった。何かいい方法がありやせんかねぇ。

御隠居・・そうじゃな、こんな方法があるぞ。教育資金については、再来年(2021年)3月31日までに子や孫名義の教育資金口座を金融機関等で開設して、父母・祖父母などが教育資金を一括して信託等をした場合、この資金については子や孫ごとに一千五百万円までは贈与税がかからないことになっているんじゃ。

熊さん・・そうなんでやんすか。ところで、対象になる教育資金ってどんなものでやんすか。

御隠居・・保育園や小中学校、大学などの学校等に対して支払われる授業料や入学金などじゃ。また、学校等には該当しない学習塾やそろばんなどの習い事、スイミングやピアノ教室などへの支払いについても、一千五百万円の枠のうち五百万円までは教育費として認められるんじゃ。贈与税がかからない要件や手続きの方法について詳しいことはおばあさんに国税庁ホームページ(www.nta.go.jp)を見てもらうとよいぞ。

熊さん・・わかりやんした。御隠居のお陰で肩の荷が下りたでやんす。どうです御隠居、今から一杯と行きやんすか。

御隠居・・熊さん、いつまでも独りでふらふらしていないで、所帯を持ったらどうなんじゃ。そういえば、結婚子育て資金の非課税制度っていうのもあるぞ。

熊さん・・あちゃー。やぶ蛇だったでやんす・・・。
(砺波税務署)