トラブル回避の基礎知識 コインパーキングの表示にご注意! KT

2019.09.27

トラブル回避の基礎知識

 

コインパーキングの表示にご注意!

 

コインパーキングの表示に関する相談が引き続き寄せられています。
【事例】看板に「1日最大1000円」と大きく書かれたコインパーキングに車を3日間駐車した。料金は3000円だと思っていたが、出庫時、精算機に1万円以上の請求金額が表示され、おかしいと思ったがいったん支払い駐車場を出た。すぐに駐車場の連絡先に電話をしたら「『最大1000円』は日祝日のみだ。利用した3日間は全て平日料金で『20分ごと100円』の計算になる」と言われた。よく見れば看板の下の方に小さく「日祝のみ」と書いてあったが、入庫時にはまったく気付かなかった。
事故や渋滞を起こさないため、コインパーキングの表示は利用者が車に乗ったまま、ゆっくり確認する間がなくても、誤解なく理解できるものであることが求められています。
さらに、事例のような表示は、景品表示法に定める「有利誤認表示」に該当する恐れがあります。
コインパーキングの業界団体は2014年9月、トラブルを未然防止するための指針となる「時間貸駐車場における表示・運用に関するガイドライン」を策定しましたが、指針策定以降も事例のような相談が多数寄せられています。
トラブルを避けるため、利用者自身も以下の点に注意しましょう。
(1)コインパーキングの料金には、最大料金の適用回数や場所、時間帯などに細かい条件が付いている場合があるので、入庫前に可能な範囲で入り口付近や精算機付近の案内表示などをよく見て確認する。
(2)入庫後、車から降りたら案内板などをあらためて確認し、料金以外の利用条件も含め意図せぬ内容の表示になっていないかを十分にチェックする。
(3)不明な点があれば、駐車場の連絡先に問い合わせて確認する。トラブルが解決しない場合には、看板などの写真や領収書を保管し、最寄りの消費生活センターに相談しましょう。