御隠居と熊さんのぜ・い・き・ん・小話 ―所得税及び復興特別所得税の予定納税―

2020.07.15

御隠居と熊さんのぜ・い・き・ん・小話

―所得税及び復興特別所得税の予定納税―

 

熊さん・・御隠居、税務署から「予定納税額の通知書」が届いたでやんす。予定納税って何でやんすか?
御隠居・・予定納税とは、前年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告に基づき計算した予定納税基準額(申告納税額)が15万円以上となる場合に、原則その1/3相当額をそれぞれ7月(第一期分)と11月(第二期分)に納めることをいうのじゃ。
熊さん・・今年(令和2年分)の所得税を7月と11月に納めて、確定申告でもう一度納めると二重に納めることになりやせんか?
御隠居・・熊さん、そうではないんじゃ。予定納税で納めた所得税及び復興特別所得税は、確定申告で精算することになるのじゃ。
熊さん・・というと、確定申告のときには、算出した税額から予定納税額を差し引くんでやんすね。
御隠居・・その通りじゃ。差し引いた残りが来年の確定申告の時に納める額になるのじゃ。逆に、算出した税額より予定納税額が多いときには、予定納税で納めた税金から納めすぎとなった額が還付されるんじゃ。
熊さん・・そういえば、八っつあんとこが、業績不振で昨年ほどの所得が見込めないと言ってるでやんすが・・・
御隠居・・それは、大変じゃのう。廃業や休業、業況不振などの理由により、6月30日の現況で、今年(令和2年分)の「申告納税見積額」(年間所得や所得控除などを見積もって計算した税額)」が、税務署から通知されている「予定納税基準額」よりも少なくなると見込まれる場合は、予定納税額の減額を申請することができるぞ。
熊さん・・減額を申請するとは、どんな手続をするでやんすか?
御隠居・・第一期分の予定納税の減額を申請する場合は、7月15日(水)までに「予定納税額の減額申請書」を税務署に提出するのじゃ。税務署はその申請について承認、一部承認又は却下のいずれかを決定して、その結果を書面で知らせてくるのじゃ。
熊さん・・承認されると予定納税額が減額されるんでやんすね。さっそく八っあんに教えてくるでやんす。
御隠居・・予定納税を納付する場合の納付期限は第一期が7月31日(金)じゃよ。納付が遅れると期限の翌日から納付の日まで延滞税がかかる場合があるから注意が必要じゃ。
熊さん・・そうならないためには、便利で安心な振替納税を利用することでやんすね。
御隠居・・そうじゃ、熊さんもたまにはうまい事を言うのぅ。
熊さん・・ 御隠居、たまにはだなんて、それはないでやんす。
(砺波税務署)