ふれあいとなみ野 2020年9月号 田んぼにたま吉くん登場

2020.09.10

南砺市高堀の水田で8月8日、地域住民が田んぼアートの鑑賞会を開き、約70人が参加しました。今年はJAとなみ野のマスコットキャラクター「たま吉くん」を赤、黄、黒など6色の稲で描きました。子供らは近くの高堀営農会館前でラジオ体操をした後、見頃を迎えた作品を楽しみました。

田んぼアートは、同地区で組織するキラリ高堀実行委員会が住民同士の融和を目指して始め、今年で9年目になります。キャンバスは高堀営農組合が所有する縦18.2㍍、横10.4㍍の水田。新型コロナウイルスの影響で、苗の植え付けに子供たちは参加せず、6月20日に役員などで行いました。

浦嶋健一実行委員長は「稲が色鮮やかに育ち、最高の出来栄えになった」と話しました。

 

https://www.ja-tonamino.jp/tanboart20200808