JAとなみ野の不動産部門が取り組んでいる事業

 

土地建物売買仲介・相談業務

 

組合員から依頼をうけて、土地建物売買の仲介を行っています。
組合員の立場に立って、関係業者等と交渉し「JAに頼んで良かった」と言ってもらえるように
適正な価格での売買に努めています。

お気軽にご相談ください。

 

 

なぜJAが不動産を取り扱うのか

 

なぜ、”緑の大地を守ろう”というJAに不動産部門ができたかと言えば、次の点があげられます。

 

◯市街化の進んだ地域で、多大な相続税がかかり、その支払いのために、土地を手放さざるを得ない状況の農家が現れ、
土地を手放す前の資産管理に対する要望が増えてきた。

 

◯負債整理等のために、やむなく土地を手放す場合において、街の不動産業者に頼るしかない状況の中で、農村が虫食い状態の乱開発等で、排水の問題など、まわりの農業生活者の中からも、秩序ある開発が求められるようになってきた。

 

◯田を田として売買される場合においても、地区に関係なく売買され、田としても虫食い状態の状況が現出してきた。

 

上記の状況の中で、営農・生活を通じて農家組合員と密接なつながりを持ってきたJAは、農家組合員の営農と生活、となみ野地域の緑の大地を守るため、組合員の資産管理はもとより、あえて土地の売買にも積極的に取り組み、農家組合員の立場に立った不動産事業に取り組むこととなったものです。

 


 

資産管理相談・コンサル業務

農地等の資産管理・有効活用についての相談業務

農地等の税務・法務・金融対策についての相談業務

宅建事業

宅地分譲開発業務

土地・建物の仲介斡旋業務

アパート・賃貸・駐車場の管理業務

住宅供給事業

戸建住宅・アパート(マンション)・店舗・倉庫施設等の供給

 


 

田を求めたいとお考えの方は、JAにご連絡下さい。

厳しい農業情勢の中、後継者がいないなどの理由から、農地を売却される例が増えてきました。
それもなるべく近所に内緒で買主を探される場合が多く見受けられます。
近所で田の売買を知って、それなら、自分が買いたかったと思われても後の祭りとなることになります。
このような情勢に対応して、あらかじめ田の購入希望をお聞きしている方に、希望地で田が売りに出された場合、
優先的にご紹介し、なるべく地元の田を地元の方にお世話する方法を採っております。
お客様からの要望に迅速に対応し、ご満足いただけるよう努めておりますので、お気軽にお訪ねください。

 

相続対策は、JAにおまかせください。

税理士、司法書士等の専門家と連携しながら、遺言、相続税の計算、 相続に係わる土地の売却まで、総合的にお世話を致します。

 


 

TEL 0763−32−8626
Mailはこちら

 

宅地建物取引業 富山県知事(6)2263号

 

 

 

 

 

 

 

 

買う 借りる
土地
一戸建
事業用
アパート
マンション
事業用
タウンハウス